ブログトップ

IS_engei

植物の話題


by 静吉

ミズゴケ植えを古新聞台にする方法

ミズゴケ植えを古新聞台にする方法をお伝えします。
e0363198_14260581.jpg
富貴蘭も全品種のほぼ50%ほどが投資的に栽培する期間が終わって、いわゆる一般観葉植物としての富貴蘭になって誰でも楽しむことができるようになってきています。

そんな中で、これらの富貴蘭に、毎年の植え替えで高価なミズゴケを潤沢に使ってやりにくい状態にもなってきています。

高価なミズゴケの使用を少しでも減らして、しかも栽培に影響もなく植えやすい古新聞台ゴケ法を開発して紹介してきました。

現在その古新聞台法を使っていらっしゃる方がどれほどいらっしゃるか分かりませんが、途中で手に入れた富貴蘭などはオールミズゴケで植えてあると思いますので、オールミズゴケ植えの富貴蘭を簡単に古新聞台ゴケ法に変える方法を画像で紹介します。
e0363198_14263114.jpg
これはたまたまネットで台ゴケにしている植え方です。

網ネット台を取り外したところです。
e0363198_14272957.jpg
網ネット台でしたけどミズゴケの量が多いので、そこの空洞からか適量をかき出します。
e0363198_14284267.jpg

古新聞台ゴケを作ります。新聞全紙の半分で台を作ります。半分をさらに半分に折り曲げて、長い方を左右からくしゃくしゃにしてC字状にします。C字状にすると縦長になりますのでこちらもC字状にします。これをくしゃくしゃにしながらやって行きます。くしゃくしゃにするのは新聞紙の中に空気を含ませるためです。
e0363198_14290611.jpg
二枚目画像は古新聞台ゴケを用意したところです。
e0363198_14342676.jpg

古新聞台ゴケを、台ゴケをかき出した中に押し込んでやります。ちょっと広げて入れやすくすると良いでしょう。
e0363198_14345292.jpg

挿入完了です。
e0363198_14354063.jpg
これで鉢に納めれば古新聞台ゴケ法の植え込みになりました。固めのしっかりした植込みが出来たと思います。

この手順で古新聞台ゴケ法に対して、逆にやればオールミズゴケ植えになります。

古新聞台ゴケ法の最良点は根がとても良くなることです。

植え込み方としては古新聞が台なので、この上に富貴蘭を植えこむというのは富貴蘭が樹木に着生した状態的な感じになるのです。だから根が多くでるのだと思います。樹木に苔などがついてそこにフウランが芽生え樹木の着生する感じを再現した植え方とも言えます。

古新聞台ゴケ法も栽培して一年ほど立つとやや乾きが悪くなる場合があります。その場合は古新聞台ゴケを新しい台ゴケと交換してやると良いと思います。

古新聞はパルプなので富貴蘭育成にも影響はないですが、古新聞台なのでミズゴケ台と違って台そのものには通気性はありません。そのため古新聞台はミズゴケ台のように長い台にはしません。フウランが樹木に着生していている直下は木の枝などですから、ここに通気はないのと同じです。

古新聞台ゴケ法は、プラ鉢(スリット鉢)との相性がぴったりです。

風通し良い場所で作れば木姿も良く詰まって出来も良いはずです。

紹介した植物がご希望であればお問い合わせください
〒192-0072 東京都八王子市中野山王3-5-23
山王ビル101
厳島静吉 携帯080-1279-2190



[PR]
by midorinohouseki | 2017-07-21 14:37 | 富貴蘭全般