ブログトップ

IS_engei

植物の話題


by 静吉

金牡丹(山口)

金牡丹(山口)はかれこれ20年ほど前に、八王子にあった美咲園という園芸屋さんと一緒に山口県のO園芸さんに行った時に購入した金牡丹です。
e0363198_06165299.jpg
e0363198_06164295.jpg
e0363198_06164801.jpg
がっちりした金牡丹で当時70万円で購入した金牡丹です。一本立ち金牡丹としてはかなり高額だったので今でも購入時の値段を忘れていません。

こんな縞があったら70万でも安いぐらいじゃないのかと思われますが、購入時は肉厚でがっちりした金牡丹ですが縞はなく、縞っ毛を感じる事もない個体でした。大きくて立派だったので衝動買いしたと思います。

入手してから殖えもなく数年1本立ちでしたが数年経って仔が出るようになりました。殖えた仔は嫁がせたりしておりましたけど、ある時親に白縞が出るようになってきました。

その最盛期の状態が上の画像三枚の姿です。

e0363198_06211282.jpg
e0363198_06211296.jpg
こんな仔も生むようになり金牡丹(山口)を希望される方が多くいらしても、増殖が追い付かないほどでした。そしてこの山口で金牡丹の面白味を認識して金牡丹をたくさん集めるようになってきました。

そんな中、殖えたら割仔割仔していたからでしょうか、2014年頃に親がガクンと調子を落として作下がりしてしまいました。
e0363198_06253313.jpg
e0363198_06313388.jpg
e0363198_06313365.jpg
この画像が一番調子が良くない頃の画像です。
頭で葉が小さくなってきているのが分かると思います。

それでも金牡丹(山口)の人気は高くて付いている仔二本も予約が入っていたのですが、いかんせん調子を落としているので、受け付けた予約もうやむやとなって解消し仔も大きく育たないまま現在に至ってしまいました。

昨年美咲園さんが廃業すると聞いて自分も富貴蘭栽培を止めるまでも行かないまでも縮小するつもりで多くの金牡丹を棚払いしてしまいましたが、自分的はこの金牡丹(山口)は無地から縞が出てきた最初の金牡丹なので未練が強くこれだけはと手元に残した金牡丹の一つです。
e0363198_06323332.jpg
これは2017年7月26日に撮影した金牡丹(山口)です。
ご覧のようにやっとここまで回復してくれました。

白縞はちょっと遠ざかってしまいましたけど、縞の性としてその片鱗は残っておりますので今後により期待したいところです。現在三本立ちですが、今年はこれに仔芽が3つ付いてきました。

金牡丹(山口)は以前からネットで紹介していましたので、今でも分けて欲しいと言われることがありますが、今は金牡丹も数鉢しか栽培しておりませんので、なかなかそのご希望をかなえて差し上げる事が出来ていません。

紹介した植物がご希望であればお問い合わせください
〒192-0072 東京都八王子市中野山王3-5-23
山王ビル101
厳島静吉 携帯080-1279-2190



[PR]
by midorinohouseki | 2017-08-07 06:37 | 金牡丹