ブログトップ

IS_engei

植物の話題


by 静吉

玉聖(たまひじり)

人気絶頂の「玉聖」です。
e0363198_15462927.jpg
e0363198_15462914.jpg
e0363198_15462914.jpg
e0363198_15462954.jpg
【大聖海(♀)×青海(♂)】×【大聖海(♀)×青海(♂)】

大聖海(♀)×青海(♂)のF2で生まれた個体です。この交配に関しては富嶽でなくて富嶽系の青軸全斑黄斑の大聖海を交配に選定したことが功を奏していると思います。

昨日今日富貴蘭を栽培しているような方ならいざ知らずですが、早い時期から富貴蘭を栽培していた方にとっては青海と言う品種には何らかの思い入れがあるものです。

その思い入れのある青海に縞があったらという思いは富貴蘭界に昔から強くありました。青海の覆輪だったかな「天海」と言う品種が昔にはあったようです。

近年は青海に斑が出ている星宿海(せいしゅくかい)が以前には富貴蘭書籍で紹介されましたけど、その青宿海が現在現存しているのかどうか不明です。

その名も青海省チベット自治区にて黄河源流部へ遡れば、無数の湖が散らばるその名も「星宿海」がありのです。そこへの道のりは秘境ですが、青海省と富貴蘭の青海(青海は青海波紋から来ている)とでえにしの縁を感じますし、黄河源流部の星を写す無数の湖がある星宿海のネーミングは素敵ですね。
e0363198_15512183.jpg
e0363198_15512217.jpg
e0363198_15512172.jpg
e0363198_15512174.jpg
同じF2ですがこれはチョビ柄です。もっと斑がたくさん出てくるならうれしいけどどうなるでしょう。大聖海も元は富嶽の系統ですが黄全斑に紺縞を流すので、斑は後から出る事はよくあるのでこのことに期待したいです。

e0363198_15543832.jpg
e0363198_15543810.jpg
e0363198_15505529.jpg
ずいぶん小さいですがこれも玉聖です。

植え替えで外れちゃったのですが、これも天葉の葉縁に少し斑があるみたいに思えるのですが、これは欲目かな。

古新聞台ゴケ法で植えこんでいましたので、こんなに小さな玉聖でも良い根が出て元気です。改めて古新聞台ゴケ法が富貴蘭の植え込みに良いことが実証された感じです。

紹介した植物がご希望であればお問い合わせください
〒192-0072 東京都八王子市中野山王3-5-23
山王ビル101
厳島静吉 携帯080-1279-2190



[PR]
by midorinohouseki | 2017-07-27 10:13 | 玉聖